人気ブログランキング |

Quelque Chose de Beau HPはhttp://kumikokasugai.com Instagramはkumikonoteです

さくら横ちょう

さくら横ちょう_c0191462_01172910.jpeg

外が寒いのか暖かいのかもわからない日々。わたしの愛読雑誌である、東京動物園協会が年4回発行する「どうぶつと動物園」の春号が届き、いつの間にか春になったのだと知る。もう今日は桜吹雪だよと言う外出した人の声を聞き、まだ桜餅も食べていないというのに!と桜餅が恋しくなる。
わたしは桜餅は道明寺粉のもの。できればこし餡。葉は剥がさない。
桜餅はあの葉と一緒に食べるからより美味しい。
わたしは子供のときに数年間関東に住んでいたにもかかわらず、道明寺粉ではない桜餅の存在を知ったのはそういえば大学に入って東京に住んでからだった。東十条の草月のどら焼きを毎日のように食べていたが、そこは上生菓子もとても美味しかった。
…そこの桜餅も当然食べたが美味しかったかどうかは記憶がない。当然美味しかったんだと思う。

気が乗るも乗らないも関係なく、今日を逃してはいけない気がしてカメラを持って外に出た。
風の強い日で、満開の桜から花びらが両手を上げてはしゃぐ子供の上へ惜しげもなく降り注いでいる。
ハンノキの自生する池に青空が映り込む。



桜と聞いて思い出す好きなもののひとつが、中田喜直のさくら横ちょう。
加藤周一の詩に中田喜直がメロディをつけたもの。満開の桜の中もう終わった恋のことを想う歌。

春の宵 さくらが咲くと
花ばかり さくら横ちょう
想出す 戀の昨日
君は もうここにいないと
ああ いつも 花の女王
ほほえんだ 夢のふるさと

春の宵 さくらが咲くと
花ばかり さくら横ちょう
會い見る時は なかろう
「その後どう」「しばらくねえ」
と言ったってはじまらないと
心得て花でも見よう
春の宵 さくらが咲くと
花ばかり さくら横ちょう


トラックバックURL : https://kukkuuu.exblog.jp/tb/30965189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukku-violinist | 2020-04-06 08:17 | -日本での日記 | Trackback | Comments(0)