人気ブログランキング |

Quelque Chose de Beau HPはhttp://kumikokasugai.com Instagramはkumikonoteです

二張は持っていても良いよね、とは思ってる

二張は持っていても良いよね、とは思ってる_c0191462_03124783.jpeg
花粉にやられる毎日。しかしマスクが売ってる場面には一度も出会わない。
弓道場はガイシホールと瑞穂運動場しか開いていないそうで、ガイシに行ってみた。
昇段審査の日にしか行ったことのないところで普段の練習ができるのは良い。普段練習しているところと違ってとても開放的で、的まで遠いような気がするのに力み無く引くことができて身体が楽だ。もっと強い弓力の弓を買っても良いんじゃないかと、そういえばもうすぐ京都に行くんだったな、買えるじゃないか。という思いが脳裏を過る。今の弓も京都の祖母の御在所に法事に行った帰り道にフと思い立って柴田勘十郎弓店に電話して寄せてもらった。
いやいやいや、これからだって京都に何度も行くのに、京都に行くたびに弓を買っていてはいけない。「まず第一に竹弓は2月などの寒い時期に買うものなのだ。暖かくなってから買うやつなどいない」と言われた。竹や弓が沢山並ぶ工房の風景を思い出すとわくわくしてまた行きたくなる。先生のような方は注文して特別なものを作っていただくのだろうが、竹弓はひとつひとつ幅や重さや強さ、竹の柄が違うから、たくさんの中から選べると、またそれもとても楽しい。茶トラの尻尾の柄や、腐ったバナナの皮の柄など、みんな自分の弓の顔に愛着を持っていると思う。
昔からやっている方や、お若い方でも学生の頃から一生懸命引き続けている人は、購入したり譲り受けたりして六張りくらいは持っていてもおかしくない。私が六張りも持っていたら釣り合いが取れずおかしいが、竹弓は壊れる事もあるから二張もっておいた方が良いと聞いたことがある。弦楽器奏者だってセカンドボウを持ってるから、同じ。(二張目が欲しくなってきた)




今日の写真
私は10年くらい同じ弦を使い続けてるのですが、ここ数年ブリッジの上が必ずこう剥がれる。
巻線が剥がれて中が見えているのです。ここから切れそうなものだけど、切れはしないのです。
学生のときは色々な弦を使ってみたこともあったけど、結局昔からあるこの弦が良いなと思い冒険も止めた。
ただE線だけは新しいのが出ると気分で変えてみたりして、新しいお気に入りを発掘するのは好き。


トラックバックURL : https://kukkuuu.exblog.jp/tb/30902823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukku-violinist | 2020-03-24 16:22 | -日本での日記 | Trackback | Comments(0)