人気ブログランキング |

Quelque Chose de Beau HPはhttp://kumikokasugai.com Instagramはkumikonoteです

Baumwipfelpfad, Schwarzwald

Baumwipfelpfad, Schwarzwald_c0191462_21181869.jpeg
黒い森のツリートップ・ウォーク。鳥になった気分で針葉樹森の木々の間に作られた廊下を歩けるようになっています。
回廊には木が多く使われており、そのデザインもとても良くできている。風景の中にあって異質に感じません。回廊の最後には螺旋状のタワーがあり、森の上から遠くの山々や風景を見渡せるようになっています。
段差はひとつも無いのでベビーカーで来る家族も多かったです。
まだタワーの周りにアスレチック場を作っていたりして、施設を拡大していました。
タワーの上から下までチューブ滑り台で降りてこれるはずだったのですが、行った日はやってなかった。


トウヒ、ブナ、モミの木などの森です。
黒い森は植樹で再生された森だという説明書きを読み、またトウヒ(街で毎年クリスマスツリーとして売られているのは実はトウヒ)とモミの木の見分け方を教えてもらい、

このエリア(黒い森の北エリア)は落ち着いたピンク色というか、赤茶色の土です。
別の日に行ったコーンビュール(Kornbühl)は石灰質の土壌で、化石が良く見つかる事で有名だそうです。
ワインで有名なアルザスは複数の土壌が入り組んでいるという話ですが、ライン川の向こう側と同じ土壌があるんでしょうね。まだ冒頭しか読んでいませんが、日本人がそういった地層に関する論文を書いているのを見つけました。
Baumwipfelpfad, Schwarzwald_c0191462_21202746.jpeg
こうやって樹液の出ている様子や、キツツキのせいで穴だらけになり枯れ果てたものがキツツキの写真の紹介とともに間近で見ることができます。
軽食スタンドでは原始的な見た目のバウムクーヘンが売っておりました。
Baumwipfelpfad, Schwarzwald_c0191462_21194512.jpeg


トラックバックURL : https://kukkuuu.exblog.jp/tb/30688155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukku-violinist | 2020-01-21 21:17 | -ドイツ | Trackback | Comments(0)