Quelque Chose de Beau HPはhttp://kumikokasugai.comです

改善されてる北京空港


c0191462_16024320.jpeg
最近エアチャイナが安いのでエアチャイナばかり乗って、少し前までよく使っていたフィンエアーには乗らなくなってしまいました。安く売るのをやめたのかな。
出不精で映画を観たい観たいと思いながら絶対に観に行かないタイプの人間ですが、飛行機に乗る事で映画を観れていたわけです。

それが、エアチャイナに乗るようになってからまた観なくなりました。

古い機体。13チャンネルしかなくて、10チャンネルは砂嵐の状態。1つは地球上のどこを今飛んでいるかを中国語英語交互に表示。1つは中国映画を流していて、あと1つ何だったっけ…
一体どれだけ前のシステムなのか
西欧との中継地として北京乗り換えは楽だし、ほとんどの場合混んでない(混んでない時期に私が乗ってるだけかも?)ので隣の席が使えることも多いし。

北京空港はwifiが飛んでいたけど開通に成功した事は無かった。が、今回新しいのが飛んでいて使えるようになってた!!!喜んだのも束の間、どうせインスタやLINEやFacebookやら使えないので開通してもあまり意味が無い。WhatsAppは生きてた。
あまりにトランジットが長い時は24時間980円の海外1dayパケを開通させて街に出た事もありました。

そしてもう1つの改善ニュースは、乗り換えのために別のターミナルに行く間の関所に機械が設置されて、今まで人間が1人か2人でパスポートとチケットを見て通すべき人間かどうか判断していたのを機械を8台くらい置いて、これはサクサクいく!


のではないかと感動したのも束の間、機械の読み取り精度が悪くて何度パスポートを置き直しても「読み取れない」と言ってくる。何度も根気よく置いたらそのうち読み取ってくれる。
次に航空券のコードを読み取らせるのだけど、動画で置く向きを指定してくるんだけどわかりにくくて、それを凝視してるあいだに時間が過ぎる。あれ本当にあの向きでやらないと読み取れなかったのだろうか。後ろが混んでなかったら試してみたかった。

機械のあちこちから「パスポート読み取らないんだけど!」と言う声が聞こえ、毎回「別の機械で試して」と常駐職員が返答する。隣のおじさんが視界の隅っこでパスポート読み取りと同じ所に航空券を置いているのをとらえてしまったので「そこじゃないよ」と口出しして無事に一緒に難関を突破。
この後人間がもう1度確認して航空券にスタンプ押し、荷物検査を経てターミナルに放牧される。

お土産やさんが新しいのがいくつかオープンしてたけど、空港内置いてあるものはどうせどこでも同じだし、薄暗いお土産やさんじゃなくてまともな食べ物屋さんをあけて欲しい。結局スタバ27元のアメリカンコーヒーになってしまう!

[PR]
トラックバックURL : https://kukkuuu.exblog.jp/tb/29815970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukku-violinist | 2018-10-26 16:02 | -日本での日記♪ | Trackback | Comments(0)