Quelque Chose de Beau HPはhttp://kumikokasugai.comです

アート

1日1回の応援、ぽちっとクリックよろしくお願いします♪音楽
c0191462_17355866.jpg
画家の猫。
川から戻ってきたらお客さんが来ていて、ルーマニア人で画家のマリアーナさんという人で、ご自宅に作品があるというのでその場の勢いでマリアーナさんの車に皆で乗り込んで観に行くことに。
最近は描けていないそうなのですが、20歳台に描いたものから10年前の物まで色々あって。発作のように描き始めてから一気に終わらせ、そのあと月単位で鬱っぽくなり体調も悪く何もかけなくなった時の絵だとか、描いていたらぽっと祖母の顔が浮かんできたので絵に加えて仕上げていったら丁度祖母が息を引き取った頃だったと後でわかっただとか、本人をみてると本当の話なんだろうなと思いました。そのくらいインパクトや影のあるミスティカルな雰囲気をたたえている人でした。
残念なことに彼女はネットを使える人ではなくて、検索をかけても作品や名前が1つもヒットしません。

バーセルでは世界最大のアートフェア、“アートバーセル”が最近終了しましたが、チューリヒでは現在MANIFESTA 11- What People Do For Money: Some Joint Venturesというのがやっています。アーティスト達は「人はお金のために何をしているか」という題に取り組み、芸術的な方法で詳しく説明します。チューリヒで「ダダ宣言」がおこなわれてから今年で100周年、このマニフェスタ11をダダイストに捧げますと書かれています。
c0191462_17355195.jpg
まあ、ワンデーチケット30sfrも払ったのにうーん(゜_゜)と言って終わったわけですが…。
会場が複数あって、1日では回りきれない量だし、この日は本当に暑かった事もあって半分くらいしか観てないと思いますが。会場の1つが父ジャコメッティがステンドグラスを制作した教会で、展示よりもそちらに気を取られました(笑)
チューリヒ湖上にPavillon of Reflectionsという海水ならぬ湖水浴場が作られていて、6フラン払えばマニフェスタを観ない人でも誰でも入れるのですが、結局アートと関係ないですがこれが一番良かったです。湖水は綺麗で魚がいーっぱいいて、水は冷たすぎず。毎日スコールや雷雨や暴風に見舞われているのですが、この日は本当にお天気が良くて、写真ではわかりにくいですが、遠くのアルプスまではっきり見えました。


[PR]
トラックバックURL : https://kukkuuu.exblog.jp/tb/25738035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukku-violinist | 2016-06-26 19:26 | -スイス、留学と生活と旅行 | Trackback | Comments(0)