Quelque Chose de Beau HPはhttp://kumikokasugai.comです

散り紅葉

c0191462_09512292.jpeg
紅葉のピークは1週間ほど過ぎたのでしょうか?散り紅葉もまたとても綺麗でした。
何年か前にあの人と来たなと、変わらない風景の中を歩いて思い出しました。
その時は平等院鳳凰堂では新たに本殿にかけられる雲中供養菩薩像に触れる事が出来て、それはそれはとても美しい像でした。ご朱印帳にその結縁の印が挟んであります。


鳳凰堂修理特別展『ほとけにふれる-結縁のしるし-』

期間:平成25年9月28日(土)~平成26年1月17日(金)

鳳凰堂内の壁面に懸架されている「雲中供養菩薩像」は、本尊阿弥陀如来坐像と同じく大仏師定朝の工房で制作されたもので、
さまざまの変化に富んだ優美で伸びやかな作風の彫像です。
下から浄土空間を仰ぎ観るために造られたもので、平安時代、壁に掛ける唯一の群像彫刻です。

平等院では、平成16年より佛師・村上清氏による雲中供養菩薩像の模刻事業を行なっています。
可能な限りオリジナル像と同じ材料・木取り・技法で現状を模し、仏師の技量と感性によって彫り上げられます。
そのため、単なる複製ではなく、仏としての尊容をしのばせる存在です。

本展では、模刻制作を通して解明された雲中供養菩薩像の他に類例のない独自の造形美と
豊かな表現力の秘密を紹介します。

鳳凰堂に奉納される菩薩さまと結縁を!
本展では、特別に雲中供養菩薩の模刻像に触れられる機会を作りました。
仏像に触れることは=仏と縁を結ぶ(結縁)、とても尊い行為です。皆さんが結縁した模刻像は、
本展終了後、鳳凰堂に懸架され、今後百年千年と参拝者を見守りつづけます。
結縁した証は平等院の歴史の1ページを刻み、結縁者はその証人として後世まで記憶されることでしょう。

結縁できる像は、こちらです。
【北25号】平成25年9月28日~11月29日
【南10号】平成25年11月30日~平成26年1月17日

c0191462_09510643.jpeg
1日1回の応援、ぽちっとクリックよろしくお願いします♪
音楽

[PR]
トラックバックURL : http://kukkuuu.exblog.jp/tb/28465508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukku-violinist | 2017-12-04 10:08 | -日本での日記♪ | Trackback | Comments(0)